脱毛機器の種類

家庭で脱毛される場合に使用する機器は、サーミコン脱毛器、レーザー脱毛器、フラッシュ脱毛器があります。
どの機器も熱を利用することに変わりはありませんが、その方法は異なっているのです。

サーミコン脱毛器は、ヒート線によって熱エネルギーを発生させ、ムダ毛をカットするもので、シェイバーで剃った場合に比べ毛の切断面が丸くなりますから、チクチクと肌を刺すことはありません。
これは脱毛器とは言えないのですが、脇の下やビキニラインの一時的な処理には便利だと思います。
レーザー脱毛器は、レーザー光によって黒色に反応させ、それを熱に変換し、毛根にダメージを与え脱毛する方法です。
これは、照射範囲が非常に狭く限られているため手間がかかります。
照射出力を変更できますから、ムダ毛の毛質に合わせることが可能です。
フラッシュ脱毛器は、インテンス・パルス・ライト(IPL)がメラニン色素など黒色のものに反応し、成長期にあるムダ毛だけを処理し、皮膚にダメージを与えにくくしたものとなっています。
レーザーに比べ照射範囲が広い分手間が少なくなるのです。
レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器は、肌にシミやホクロなどがあればそれにも反応しますので、施術前に対策が必要です。

レーザー脱毛器とフラッシュ脱毛器は、毛根部にダメージを与え脱毛させるため、連続して同じ箇所に照射を続ければ皮膚組織にもダメージが発生し、局所的な火傷をしますので注意が必要です。
また、施術後も毛は残っていますが、自然に抜け落ちて行きます。